動画を見る
カタログを見る
用語集

用語集

ホーム > 用語集

| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | ら行 | や行 | わ行 |

あ行

一軸破砕機

破砕機には、一軸方式、二軸方式、ハンマー方式などがあり、その最も大きな違いは処理後の対象物の大きさである。 一般に一軸破砕機は細かく、二軸破砕機は大きめである。 一軸破砕機の破砕方式は回転刃に対象物を押し付ける様にして少しずつ削りとっていく様なイメージ。また、排出口に取り付けてあるスクリーン(網目)の穴サイズより小さくなるまで排出されず、何回も破砕を繰り返す。

このスクリーンの穴サイズを変えることによって、ある程度希望の破砕後のサイズを選ぶことができる。(主な対象物は廃プラスチック、木材、紙など)

一般廃棄物

日常生活から出る家庭系ゴミとし尿、会社や飲食店からでる事業系ゴミの3種類のこと。

オープンリサイクル

他社で回収された素材を自社製品に再使用・再利用したり、自社で回収した素材が社外で利用されること。

か行

カレット

回収されたガラス製品を細かく破砕した状態のガラス屑のことで、ガラスの原料となります。

クローズドリサイクル

使用済みの自社製品から回収した素材を、自社製品に再使用・再利用すること。

公害

環境保全上の支障のうち、事業活動その他の人の活動に伴って生じる相当範囲にわたる大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下および悪臭によって、人の健康または生活環境に被害が生じること。大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭は、典型7公害と呼ばれています。

さ行

サーマルリサイクル

廃棄物を単に焼却処理せず、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用すること。容器包装リサイクル法で認められた油化・ガス化の他、焼却熱利用、廃棄物発電、セメントキルン原燃料化、廃棄物固形燃料などがある。一般に、リユース、マテリアル・ケミカルリサイクル(廃棄物を化学的に処理して、製品などの化学原料としてリサイクルすること)が困難となった廃棄物に対して行う。

3R

3つの語の頭文字をとった言葉。環境配慮に関するキーワードである。 Reduce(リデュース) :減らす Reuse(リユース) :繰り返し使う Recycle(リサイクル) :再資源化 1.リデュース(ごみの発生抑制) 2.リユース(再使用) 3.リサイクル(ごみの再生利用) の優先順位で廃棄物の削減に努めるのがよいという考え方を示す。

産業廃棄物

事業活動によって生じる廃棄物のことで、燃え殻、汚泥、廃油、金属屑、廃プラスチック類など20種類からなります。企業で使用されているプリンターやコピー機(複合機)などの事務機器も、廃棄する場合は産業廃棄物となります。

静脈産業

使用済みの製品や廃棄物などを回収し、再生を行う産業のこと。産業を人間の血液の流れに例えたもので、新しい製品などを生み出す産業は動脈産業といいます。

静脈物流

使用済みの製品や廃棄物などを回収・輸送すること。製品の流れを人間の血液の流れに例えたもので、新製品の出荷など新しい物を運ぶ場合は動脈物流といいます。

資源有効利用促進法(リサイクル法)

正式には「資源の有効な利用の促進に関する法律」という、1991年に日本で制定された法律。廃棄物の発生抑制、再使用、廃棄物の再資源化について定めており、リサイクルなどによる資源の有効利用を促進しています。パソコンのリサイクルも、この法律に従ったものです。

製品ライフサイクル

製品における、生産/使用/廃棄など一生を指すもの。

ゼロエミッション

国連大学が提唱した仕組みで、ある企業・産業などが排出した廃棄物を、別の企業・産業の原料に使うなどして、廃棄物をゼロにするということ。

重金属4物質

環境へ悪影響をおよぼすとされる鉛、水銀、六価クロム、カドミウムの4物質。日本でも2002年11月、同じ4物質の自動車への使用規制が、日本自動車工業会より業界の自主規制として公表された。

た行

ダイオキシン類

ポリ塩化ジベンゾダイオキシンや、ポリ塩化ジベンゾフランの総称。種類によって毒性は異なるが、皮膚障害や内臓障害、ガン、奇形児出産などの原因となる強い毒性を持つものがある。

中間処理

廃棄物を最終処分する前に、量を減らしたり、性質を安定させたりするため、または無害化するために行う処理のことをいいます。可燃ごみの焼却や、粗大ごみの破砕などはこの中間処理に当たります。

な行

二軸破砕

二軸破砕機は、紙のシュレッダーと同様で「はさみで切る」様に破砕するのが特徴である。

破砕刃を通過するのは1回のみで、破砕後の大きさは刃の幅と、フックの間隔によって決まる。大型対象物の減容処理や、さらに細かくしたい場合の前処理として利用される。 (主な対象物は廃プラスチック、木材、金属など)

は行

破砕機(はさいき)

固形の廃棄物を粉々に砕き、最終廃棄物の容積を小さくしたり、リサイクルの為の分別を行いやすくするなどの用途に使う機械をいいます。

例えば家庭用電気機械器具・自動車などの廃棄物から再使用できる部品を取り外した残りを破砕機で砕き、その中からリサイクルできる金属や樹脂などの有価物(木材・紙・金属・プラスチックなど有償で売却できるもの)を取り出す。

分離破砕機

一台で分離・破砕を同時に行う装置である。

ポリエチレン

エチレン(炭化水素の一つ)が重合した構造を持つ高分子である。最も単純な構造をもつ高分子であり、容器や包装用フィルムをはじめ、様々な用途に利用されている。

基本的にはメチレン(-CH2-)のくり返しのみで構成されているが、重合法によって平均分子量や分枝数、結晶性に違いが生じ、密度や熱特性、機械特性などもそれに応じて異なる。 一般に酸やアルカリに安定。低分子量のものは炭化水素系溶剤に膨潤(体積が増加する)するが、高分子量のものは耐薬性に非常に優れる。濡れ性は低い。絶縁性が高く、静電気を帯びやすい。

ポリプロピレン

プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂である。工業的に入手可能であり、包装材料、繊維、文具、プラスチック部品、種々の再利用可能な容器、実験器具、スピーカーコーン、自動車部品、紙幣など幅広い用途をもっている。汎用樹脂の中で比重が最も小さく、水に浮かぶ。強度が高く、吸湿性がなく、耐薬品(酸、アルカリを含む)性に優れている。しかし、染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には向かない。汎用樹脂の中では最高の耐熱性である。

バーゼル条約

1989年にスイスのバーゼルで採択された「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」という条約。有害廃棄物が国境を越え、他国の領土に廃棄されるのを防ぐため、廃棄物の輸出入を規制したもの。

バイオマス燃料

植物や廃材などを原料とした燃料。とうもろこしやサトウキビから作るバイオエタノール、菜種やパーム油から作るバイオディーゼルなどがあります。

廃棄物処理法

1970年に日本で制定された「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」。廃棄物を定義して、産業廃棄物と一般廃棄物を分類し、廃棄物の排出抑制と処理の適正化を定めています。

非鉄金属

文字通り「鉄以外」のすべての金属のこと。現在、世界には鉄を含めて約40,000種類の金属材料があり、年間1,000種以上の合金が新たに開発されている。そして、そのほとんどが非鉄金属の分野に入るのである。

フレーク

プラスチックなどをリサイクルするため、粉砕して小片にしたもの。

ベースメタル

銅、鉛、亜鉛、アルミニウムなどの金属のこと。比較的埋蔵量が多く、古くから電線や伸銅品、メッキ材料、合金材料などに幅広く利用されてきた。

ペレット

プラスチックなどを加工しやすいよう、粒状にした原料。リサイクルをしてフレークとなったものを、ペレット化することもあります。

ppm(Parts per million)

100万分の1を表す単位で、濃度や含有率を示す容量比、重量比のことです。1ppmとは、大気汚染物質の濃度表示では大気1m3の中にその物質が1cm3含まれていること、また、水質汚濁物質の濃度表示では水1kgの中にその物質が1mg含まれていることを表します。

ま行

マテリアルリサイクル

ごみを原料として再利用すること。日本語訳で「材料リサイクル」「材料再生」「再資源化」「再生利用」などといわれる。具体的には、使用済み製品や生産工程から出るごみなどを回収し、利用しやすいように処理して、新しい製品の材料もしくは原料として使うことをさす。

ごみを燃やし、その際に発生する熱をエネルギーとして利用することを「サーマルリサイクル(熱回収)」と呼び、これと区別して称される。広い意味では、化学分解後に組成変換して再生利用を図る「ケミカルリサイクル」を含むこともある。

原料に戻して再生利用する場合、単一素材化が基本的な条件となり、分別や異物除去の徹底が必須となる。プラスチックや金属では、再資源化や再商品化を促進するために、種類の判別を容易にするためリサイクルマークが製品・容器などに表示されている。

や行

ら行

リサイクル

再循環を指し、製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用すること。

わ行

PAGETOP

株式会社エムダイヤ®

ENGLISHお問い合わせ